大きな信頼が売りのふじみ野不動産|安心できる仲介サービス

売却期間が短い

住宅模型

今では多くの人が不動産投資やマンション経営をして収入を得ています。その中でも近年では不動産買取に注目が集まっています。不動産買取のメリットとしては、不動産仲介と比較して売却までの期間が短い点でしょう。不動産仲介は広告や宣伝によって買い手を探すため、時間と手間がかかります。それに比べて不動産買取は不動産業者が査定して、金額を決めるので売却する時間がかかりません。また、買い手と値段交渉をいなくてもいい点も魅力の一つでしょう。自身が保有している物件をすぐにでも売りたいと思っている人は不動産買取を行うことがベストでしょう。売却期間としては一般的に不動産買取が2週間から1ヶ月、不動産仲介が3か月から6ヶ月と言われています。しかし、不動産仲介にもメリットがありますので自身の物件に合った方法を選ぶといいでしょう。
不動産買取を行うことのメリットは売却期間が短いこと以外にもあります。不動産会社が売却をするために、売却価格がすぐに分かります。そのため、資金の計画が立てやすいのです。不動産を売却するためには基本的には住宅ローンを完済していないといけません。しかし、不動産買取では残価があっても、金融機関との交渉を不動産会社がしてくれるのです。ですから、不動産を売却した後にすぐに新しい物件を購入しても、住宅ローンの計画を立てることができます。もしも、自身が不動産を売却するのなら不動産買取を行うことを検討するといいでしょう。